読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うち天

アドラー心理学を子育てに活かそうとして日々挫折するブログ

親が見ると泣いてしまうと話題の動画「魔法のチケット」が賛否両論と聞いて

子育て

泣けると話題の動画

こんにちはー、3歳と0歳の子を持つおじさんです。

ANA(全日空)の旅作というサービスの動画が話題です。


1 Ticket ~魔法のチケット~ こどもたちの予想外の反応は必見!

はい。泣きました(笑)
他のバージョンもあるのかなーと思ってググったら、こんなリンクを発見。

getnews.jp

ほうほう、悪趣味とな?

こどもの視点に立てるってすごい

動画が広まるにつれ今度は「子供を試すなんて悪趣味」「不愉快」「子供を試して終わりかよw」「あまり良い話には見えない」「残酷」と非難の声もあがるようになっています。
ANAの動画「魔法のチケット」は見る人によって感想が変わる? 感動するor悪趣味? | ガジェット通信

最初にこの部分を読んだときはピンと来ませんでした。なんせこっちはばっちり泣いちゃってますからねw でもよく考えてみるとこういう風に考える人って優しい人だよなと思いました。

この動画だけでは悪趣味かどうか、残酷かどうかはなんとも言えませんが、少なくともこども側の視点に立っての意見なんですよね。その意見が実際のこどもの意見と合致してるかは別問題だけど、理解しようとする姿勢を持ってること自体がすごいなと。

いやー、こどもの気持ち、全然考えてなかったー(汗)


さいごに

こどもができてからは親子にまつわるストーリーはフィクション/ノンフィクション問わず、すぐ(親に)感情移入しちゃいます。この前Amazon プライムビデオで観た『ソロモンの偽証』も親子のストーリーとしての印象が強かった。

だけどいろんなメディア作品を見て「パパ・ママの気持ち分かる、うんうん! 涙ドバー」だけじゃちょっと安易すぎるのかもしれないとちょっと反省。それこそ感動ポルノの思う壺というか。

ちょっと考えさせられた動画と記事でした。

(エンタメはあれこれ考えずに素直に楽しまないと損ですけどね!w)

あ、ANAの旅作の動画は他のもステキですよ!置いときますね。おとーさん、泣けますよ(笑)


3 presents 〜父に贈る3つのプレゼント〜


7 Letters〜あの日の二人を見つける旅〜

おわり