読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うち天

アドラー心理学を子育てに活かそうとして日々挫折するブログ

Amazonプライムラジオに子守りをしてもらった


車で少し遠くの公園にお出かけした帰り道。チャイルドシートでごきげんに過ごしていた長男(4か月)も、数十分たってついにぐずりはじめました。

 狭い車内での泣き声はなかなかのものです。
 
なんとか泣き止ませるべく「わん、ちゅー、しゅりー」作戦を決行。

 長男お気に入りのかけ声「わんーちゅ、しゅりーーー!」(ワン、ツー、スリー)の「しゅりー」でこちょこちょすると長男が笑うのである。

 
では、「わんーちゅ、しゅりーーー!」
 ・
 ・
長男「ふぎゃー!!!」
ちょっと勢いが足りなかったかな。つぎは笑うはず。
それ!「わんーちゅ、しゅりーーー!」
 ・
 ・
長男「ふぎゃー!!!」
たしかにちょっとコツがいるのだ。コツをつかめば笑うかもしれない。
はい!「わんーちゅ、しゅりーーー!」
 ・
 ・
長男「ふぎゃー!!!(怒」
ねぇ、笑って?
「わんーちゅ、しゅりーーー!」
 ・
 ・
 ・
長男「ぎいいやあああああ!!!」
うん、車内におっさんの赤ちゃんことばが虚しく響きわたったよね。なんども。

 

そこでふとこちらの記事を思い出して、
Amazonプライムラジオでこども向けチャンネルあるかな?と見てみると

あった!!
 
再生してみると一曲目は『大きな栗の木の下で』。

再生したらすぐに長男がちょっとびっくりしたような表情を浮かべたあと、泣き止んだ! ごきげんそう。 マジか! こどもの歌声だったのがよかったのかな?
 
次の曲は『おつかいありさん』で長女(3)もいっしょに歌えていい感じ。

 
こうして「わん、ちゅー、しゅりー」作戦 改め Amazonプライムラジオ作戦は無事成功、車内に平和がおとずれたのであった。Amazonプライム、神かよ・・・。
 
ちなみにその後20分くらいかけてましたが、途中から知らない曲ばかりになってきて*1 作戦終了。長女は飽きてしまいましたが、長男はそのままぐずりも収まって助かりました。まあこんなにうまく行くことはまれと言うか、今回がたまたまうまく行き過ぎただけでしょうけどね。
 
 

topisyu.hatenablog.com

 

こちらのエントリーにもあるように、スマホでの子守りについてはいろいろと議論のあるところだと思いますが、Amazonプライムラジオを子守唄代わりに使う分にはデメリットやリスクは少ないように思います。ラジオですからね。子守りの手段のひとつとしてはありかなと思いました。

あと通信量が気になりましたがどうなんでしょ。確認しておけばよかった。

(後日追記)

あとで確認したところ、53MBでした!

 

*1:選曲については、かかった曲にアプリ上で「いいね!」「よくないね!」をすることでより好みにカスタマイズされるらしい。