うち天

子育てで日々挫折するおじさんのブログ

ビルドドライバーのかっこよすぎる音声とは【写真で開封レビュー】

こんにちは、4歳の女の子、1歳の男の子をもつアラフォーのおじさんです。

『仮面ライダービルド』が仮面ライダーに変身するときに装着するベルト『ビルドドライバー』を買いました☆

ベストマッチ!! ※仮面ライダービルドネタです

  • 仮面ライダービルドの変身ベルト『ビルドドライバー』
  • ノジマオンラインで頼んだら超超速で届いた
  • さっそく開封。写真レビュー
  • 掃除機フルボトルの音声がイケメンすぎる
続きを読む

鍋キューブでこの冬初の鍋にしました

東京は昨日・今日とめちゃくちゃ寒かったです。
昨日は13℃で札幌と同じ気温だったとか。

寒い夜といえば?

そう、お鍋ですね。
今日は今シーズン初のお鍋にしました。
先日スーパーで見かけて買っておいた鍋キューブで簡単にすませました。

続きを読む

「5回のなぜ」でわかった寝かしつけ時のイライラの原因

こんにちは、4歳の女の子、1歳の男の子をもつアラフォーのおじさんです。

寝かしつけの時、なかなか寝ないこどもたちにいつもイライラしてしまいます。

今回はその原因を探り、対策を考えます。

  • イライラの原因に「なぜなぜ分析」で挑む
    • わが家の寝かしつけ
    • なぜなぜ分析(5回のなぜ)とは
    • 5回のなぜを実践してみる
  • 空腹は寝不足に次ぐ子育ての敵だ
  • おわりに
続きを読む

イヤイヤ期がはじまったかもしれません(まだ1歳9ヶ月なのに…)

こんにちは、4歳の女の子、1歳の男の子をもつアラフォーのおじさんです。

2歳くらいに訪れると言われるイヤイヤ期。
わが家の1歳9ヶ月の長男にもやってきたような気がします。

もうちょっと遅くてもええんやで(真剣)

  • 世の中のすべてがイヤ
    • 1. 食事のメニューがイヤ
    • 2. 歩くのがイヤ、抱っこひももイヤ
  • 甘えたい気持ちの表現でもあるみたい
  • 妻がだいぶ疲弊しています
  • おわりに
続きを読む

はじめてのプラレール【1歳男の子編】再び走りはじめた わが家のプラレール

こんにちは、4歳の女の子、1歳の男の子をもつアラフォーのおじさんです。

1歳の長男がプラレールデビューしました。

長女のときの反応とかなり違うことに衝撃を受けました。

  • 長男(1)はじめてのプラレールに大興奮
  • 長女と全っっっ然ちがう反応
  • それぞれの楽しみ方ができるプラレールはやっぱり最高のおもちゃ
  • おわりの一句
続きを読む

用心棒(神保町)の「まぜそば」がおいしかった

こんにちは、4歳の女の子、1歳の男の子をもつアラフォーのおじさんです。

以前から気になっていた「用心棒」というラーメン店の「まぜそば」がみなさんにもぜひ食べてもらいたいおいしさだったので紹介します。

  • 用心棒のまぜそば
    • 用心棒(神保町)のまぜそば
    • コール
      • 用心棒でのコールまでの流れ
      • いざコール
    • 感想
続きを読む

小室哲哉 作詞作曲、仮面ライダービルドの主題歌を聴いて20年前の記憶がよみがえった

こんにちは、4歳の女の子、1歳の男の子をもつアラフォーのおじさんです。

とにかくまずはこの曲を聴いて欲しい。

仮面ライダービルドの主題歌『Be The One』PANDORA feat. Beverly

冒頭のMVは小室哲哉・浅倉大介によるユニットPANDRAの『Be The One』という曲です。
歌うはBeverly。

2017年9月から始まった仮面ライダービルドのオープニングソングです。

初めて聴いたときから

最初に聴いたのは仮面ライダービルドの初回放送時でした。

新シリーズの開始ということで、お話の設定やストーリーに気を取られていたものの、曲が流れたときになんとも言えず心がザワザワ……ってなったんです。

それでもその時は
「今回のライダーは女性ボーカルか。めちゃくちゃキレイな声だな。」
という程度で流してしまい、また仮面ライダービルドのストーリーに引き戻されていきました。

作詞・作曲・編曲が小室哲哉・浅倉大介と知って

その後、スタッフロールで作詞・作曲・編曲が小室哲哉・浅倉大介と知って完全に納得しました。

「ああ、小室さんかー!!」
って感じです。

曲を聞いたアラフォーのひとはこの気持が結構分かるんじゃないかと勝手に想像しています。

私たちの青春はいつも小室哲哉と共にあった

若い人や50代なかば以降の人はもしかしたらイメージしづらいかもしれませんが、2017年10月現在39歳の私(たち)にとって小室哲哉さんの曲というのは特別な存在なんです。

失礼な言い方になってしまいますが、好むと好まざるとにかかわらず、1990年台後半(20年前!)の若者にとって小室哲哉さんの曲は避けて通れないというか、誇張でなく「常に」私たちのそばにありました。

先日引退宣言のあった安室奈美恵さんのアルバム『SWEET 19 BLUES』なんて擦り切れるほど聴きました。
(CDだから擦り切れないけど。「擦り切れるほど聴く」という表現も死にゆく言葉ですね)


安室ちゃんのアルバムを聴いていた実家の4畳半の部屋。
学校の仲間と行ったカラオケ。
バイト先、居酒屋。

『Be The One』を聞いていると、20年前の記憶や思い出がどんどんあふれてきます。

『Be The One』はそれくらい小室さんらしい曲。
(聴けばわかりますが古臭いという意味ではないですよ)


どうでしょう、アラファー諸氏、だいぶ気になってきましたか?(笑)

仮面ライダー2作連続でaccessが関わることに

前作仮面ライダーエグゼイドにはラスボス「仮面ライダークロノス」こと「檀 正宗(だん まさむね)」として、音楽ユニットaccessの貴水博之さんが出演していました。

2017年9月から始まった仮面ライダービルドの主題歌は同ユニットの浅倉大介さんが小室哲哉さんと共に作詞・作曲・編曲です。
ということで2作連続でaccessが関わることに。

こうなると、仮面ライダーイベントなどでのaccess出演(共演)の期待が高まりますね。 ひとつのユニットのメンバーが「共演」ってのも変ですが。

おわりに

この曲が好きすぎて、ヘビーローテーションで聴きまくっています。

これから約一年、毎週日曜、ちょっとセンチメンタルになってしまいそうです(笑)