読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うち天

アドラー心理学を子育てに活かそうとして日々挫折するブログ

父の日にもおすすめ!こどもと一緒にたった5分で本格レアチーズケーキを作ったよ


こんにちは、4歳の女の子、1歳の男の子をもつアラフォーのおじさんです。

今日5/14は母の日。
みなさんはお母さん孝行できましたか?

わたしは実母のことはすっかり忘れて、わが子と一緒に妻のためにケーキを作りました。
簡単においしいレアチーズケーキができたので紹介します。

日清製粉 『クールン』で4分でレアチーズケーキを作る

今回選んだのは日清製粉のレアチーズケーキキット『クールン』。
スーパーで400円弱だったかな。

冷たい牛乳を加えて冷やすだけで、ビスケットベース付の本格的なレアチーズケーキが手軽に作れます。クリームチーズの風味豊かで、さわやかな味わいです。
日清製粉HPより

なんと1979年販売開始のアラフォー商品だそう。

約40年も売れ続けるってすごい。

用意するのは牛乳だけ。3ステップの手順を紹介

手順はたったの3ステップ。

ざっくり言うと…

  1. 粉に牛乳いれて1分間混ぜて皿に敷き詰める
  2. 別の粉に牛乳入れて2分間混ぜる
  3. 1の皿に2を流し込んで冷やす

慣れれば5分あればできます。

もうちょっとだけ細かく書くと次のとおり。

  1. ベースを作る
    クールンに入っている「ビスケットベース」(ビスケットを砕いたようなもの)に7.5ccの牛乳を入れて、1分間混ぜます。
    平らな皿に、ぎゅっぎゅっと押し付けてベース(皿状のビスケット)を作ります。
    フルーツタルトのお皿の部分のビスケット、あれのイメージです。

  2. フィリングを作る
    レアチーズケーキのレアチーズ部分ですね。
    クールンに入っている「フィリングミックス」(粉末)に100ccの牛乳を入れて、2分間混ぜます。
    パッケージには「泡立器で」と書いてありますが、なめらかになるまで混ぜれば、泡立器じゃなくてもたぶんだいじょうぶです。

  3. 冷やす
    ベースにフィリングを流し込んで、冷蔵庫で30分。

完成!!

オーブンで焼かなくていいのがとにかく楽チン。

完成&実食

写真はいまいちだけど、おいしかったです。

長女がいちごを円周にトッピングしてくれました。

今回は、

  • 粉をボウルに入れる
  • 粉のまぜまぜ
  • 牛乳100ccの軽量→ボウルへ投入
  • ベースへのフィリングの流し入れ
  • いちごを包丁でカット
  • いちごでケーキをデコレーション

など作業の大部分を長女がやってくれました。
頼もしい。


ヨーグルトのようなさわやかな酸味があってさっぱりしたレアチーズと「さっくり、でもしっとり」なビスケットが絶妙にマッチ。
いちごとの相性も完璧!!

1歳の長男もすごい勢いで食べました(笑)

2, 3歳児のおすすめ手作りデザート

去年、長女が3歳の母の日には『フルーチェ』を作りました。

こちらは牛乳と混ぜるだけ。
2歳くらいからお手伝いできるんじゃないでしょうか。

おいしいしねw

おわりに

さすが約40年も売れ続ける商品。
簡単に本格的なレアチーズケーキができちゃいました。

楽しい母の日になりました!