読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うち天

アドラー心理学を子育てに活かそうとして日々挫折するブログ

もしかして、オレ、死んでる?


こんにちは、煮卵です。
4歳の女の子、1歳の男の子をもつアラフォーのおじさんです。

今回は「うちの子天才かも」と思った親ばか小ネタです。

目次

「ずっと心にいるから」

さっき長女を寝かしつけてたら、長女が言うんです。

おとーちゃん、だいじょうぶ。
おとーちゃんはずっと長女の心にいるから……。

「なにを言い出したんだこの子は。」
と思ってスルーしたんです、最初は。

でもふと思ったんですよね。

「あれ……もしかして、オレ、もう死んじゃってる??」

シックス・センス的なやつね。(ネタバレごめん)

「人間はどうやって生まれたのか」

「ああ、オレは長女の心のなかで生き続けられるのか。それはそれでしあわせかも……」
とかしょうもない妄想もふくらみます。

自分が死んでるのか生きてるのか確信が持てないまま生返事をしていると、長女がこんなことを言います。

まだ、だーれもいないとき、にんげんはどうやって生まれたの?

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
なにこれ。宗教?

でもよく聞くと、
「おばあちゃんのおばあちゃんのずーっと前のひとはどうやって生まれたんだ」
という疑問らしい。

宗教とか哲学というよりは科学的なはなしでした。

残念ながら、進化論を4歳児に説明する能力をわたしは持ち合わせていません。

長女の成長に感じるよろこびとおどろき

けっきょく長女の疑問にうまく答えられず申し訳なかったのですが、最近の長女のこのような発言にはほんとうにおどろかされます。

生死など概念的なことに興味を持ち、理解しはじめたのでしょうか。
まだひらがなも半分以下しか読めないくせに!!


こういう風に子の成長を目の当たりにできるのは幸せなことだなー。
(「目の当たり」つっても、死んでるかもしれないけどw)

おとーちゃんもちゃんと説明できるように勉強するね。

おわり