読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うち天

アドラー心理学を子育てに活かそうとして日々挫折するブログ

こどもはいつまでだっこさせてくれるの?

子育て 長女 3歳

ひさびさの晴れ間!

日曜日、東京はひさしぶりに晴れましたね♪

よーし、さっそくおさんぽだ!!
近所の公園であそぼう!!

妻と長男(0歳)は昼寝中だったので長女(3歳)とふたりでおでかけしました。

とーちゃんの立場は…

道中の会話

わたし「ひさしぶりのおさんぽ、うれしいね」

長女「そうだねぇ♡」
 ・
 ・
 ・
てくてく、てくてく
 ・
 ・
 ・
(自宅から40メートルくらい?歩いて)

長女「つかれたー。だっこしてー」

わたし「まだちょっとしか歩いてないじゃん(笑) 保育園でお出かけするときはけっこう遠くまで歩くんでしょ?」

長女「保育園ではおともだちといっしょだから、たのしいから疲れないんだよ。」

わたし「」

とーちゃんとのさんぽはたのしくないってことですか。そーですか。

こどもは正直ですね。たのしくないというよりは甘えたいんだと解釈しておきます(笑)

「だっこー」が激減した

ふと思い返すとここ1, 2ヶ月でだっこの要求が激減しました。

以前はたとえば電車でおでかけのとき

  • 玄関を出た瞬間に「だっこー」
  • マンションを出た瞬間に「だっこー」
  • 20メートル歩いて(以下省略)
  • 「つぎの電柱までね」とだっこしておろした瞬間
  • 駅の上り階段で
  • 駅の下り階段で
  • 電車で
  • 乗り換えで
  • 電車で

ってな感じだったんです。

基本的にはあまり要求は飲まないようにしつつも、到着予定時刻の都合でだっこしちゃうことも。

徐々に頻度が減ってきた数ヶ月前くらいからは「もうちょっとしたらだっこもさせてくれなくなるのかしら?」なんて思いもあって、割りと要求を飲んだり。

そこへ来て、この1, 2ヶ月。
まさに激減。

先日旅行へ行った際は、出発からほぼ丸二日要求がなく、二日目夜ひさしぶりににだっこしたときは
「重っっっっ!!!!」
ってなりました。腰がやばかった…
小柄な長男ばかりだっこしてたので余計に重く感じてびっくり(笑)


放っておくとどこまでもひとりで走っていってしまう長女。たのもしくもあるが・・・

いやぁ、大きくなったなぁ(しみじみ)
最近は自分がだっこされるのでなく、弟を器用にだっこして室内をあっちこっち移動させてくれるおせっかいやさしいお姉ちゃん。

いつまでだっこさせてくれるんですかね。

重くて大変だけどもうしばらくはだっこさせておくれよ。*1

*1:と思ってても次の週末くらいには「自分で歩きな!!(怒)」とか言ってそうではある。身勝手ですまぬ、娘よ。